マダガスカルの大プロジェクトのために湯浅博博士の訪問を行っています

1940年に神戸で生まれた湯浅博士は, 1940年には, 進化生物学学研究会理事長, biosophia研究会会長, 日本の緑緑派教授, NHK文化教授. 研究センターの研究者, 厳選された植物文化研究所の研究者, 東京農業大学で教授.

彼は”マダガスカルの植物誌の異端旅行ノート”など多くの本を書きました. ” バオバブ, 森林, 危険な森の母”, “世界の神秘的な植物”など.

湯浅博士はマダガスカルの固有の動植物の種に魅了されており, マダガスカルのgondwana 200万年の中央に魅了されている. 1973年からの研究のために大きな島への旅行を行ったが, オーストラリア, 東アフリカ, マダガスカルの主題について比較調査を行った