投資

A. マダガスカルに投資する5つの理由

  1. 豊かな天然資源
  2. 現地の投入や労働に要するコストの低さ
  3. 各市場への好アクセス、戦略上有利な立地
  4. 魅力的なビジネス環境
  5. 平和で安定した国

1. 豊かな天然資源

豊かな天然資源に恵まれたマダガスカルには、素晴らしい投資機会があります。

  • 鉱業:宝飾用の原石、産業用・装飾用の石、石油、そして希少金属
  • 観光産業: 5000キロメートルに渡る海岸と、非常にユニークな動物と植物
  • 農業・畜産業:良好な気候に恵まれた広大で肥沃な土壌
  • 加工業:原材料としての様々な農作物や畜産物
  • 再生可能エネルギーの生産:河川、風、太陽光

2. 現地の投入や労働に要するコストの低さ

現地での投入や労働に要するコストが低く、競争上、優位です。マダガスカルでは、 輸出加工区法 と米国のアフリカ成長機会法により、繊維産業などの労働集約型の産業が成長しました。これらの産業に従事するのは、若く、熟練し、また技術習得の速い労働者です。

3. 各市場への好アクセス、戦略上有利な立地

開発途上国に対する貿易協定や優遇措置により、マダガスカルにはアメリカやヨーロッパだけでなく他の先進国に対しても免税・無制限の市場アクセスが供与されています。

さらに、下記の地域経済共同体の一員であるマダガスカルは、これらの市場に対する地理条件が良く、物品・サービスの輸出が易しい利点があります。

  • SADC (南部アフリカ開発共同体)
  • COMESA (東南部アフリカ共通市場)
  • the Indian Ocean Rim (環インド洋地域)
  • COI (インド洋共同体)

マダガスカルは、アジアとアフリカの間に、また主要な海上航路上にあるなど戦略上有利に位置し、国際ビジネスにおいて優位に立つことができます。また、現 在進行中の東部トアマシナ港の拡張や南部エオアラ港の建設により、世界に通用する貨物輸送用設備を整えています。

4. 魅力的なビジネス環境

2002年以来の規制改革とインフラへの公共投資により、マダガスカルのビジネス環境は大きく改善されました。

  • 官民あげての道路・港湾・空港・通信・エネルギーなどインフラへの大幅な投資により、事業コストを削減できます。
  • 国内外で資本フローに制限は無く、債務返済や配当金支払にも制限はありません。
  • 国民が外国企業の株を所有する必要はありません。
  • 法規は差別無く施行されます。
  • 知的所有権は法により保護されています。
  • 特定地域での立地、特定の現地調達率、輸入代替、輸出要件や輸出対象、受入国の国民の雇用、技術移転を含む投資の認可に関し、政府の設定する条件はありません。
  • 財産権は法により保護されています。(国有化や収用に対する保証)
  • 会社創設 の手続きは迅速で容易です。

5. 平和で安定した国

マダガスカル人は基本的に平和を好み、論争や衝突が起こると、和解や法規による解決を目指します。

B. 投資の機会
C. 融資
D. パートナー企業を探す
E. 投資奨励保護策
F. 起業
G. リンク