観光産業 – 人と文化

遺跡と建造物

マダガスカルには146の登録された遺跡と建造物があり、そのうちの27が現在までに修復されています。アンブヒマンガの王の丘やツィンギ・ド・ベマラ ハ、またイサンジャの崖と洞窟のように、いくつかの場所は世界遺産に登録されています。もっともよく観光客が訪れる場所は:

  • アンブヒマンガの王の丘: 2001年にユネスコの世界遺産に登録されました。遺跡は王の町と埋葬地および聖地からなり、マダガスカル国民の文化的アイデンティティの重要なシンボルです。

  • アンタナナリボの女王の館: 1996年の火災のあと修復が行われています。女王の館から救出された遺物は、500 mほど離れた場所にあり現在は博物館となっている旧首相官邸で見学できます。

  • マンタスアのジャン・ラボルドの遺構: 女王の気に入りとなった元海賊ジャン・ラボルドはマンタスアに鋳造所を建造しました。彼の墓を訪ねることができます。