観光産業 – 人と文化

伝統と儀式

マダガスカルの各地方には多くの儀式、伝統、伝承、そしてタブーがあります。外国人は地域のタブーを遵守する必要はないものの、訪れる地方についてできる だけ調べ、そこに住む人々の感情を傷つけることのないようにしたいものです。全般に、伝統文化の基礎には先祖への尊敬があります。

  • 「ファマディハナ」: 一人の先祖の遺体をお墓から取り出し、新しい経帷子で包んだのち、再び安息の場に戻すという儀式。親族が集い、お祭りを行う機会です。

  • 埋葬: 住居が単に一時的なものと見なされるのに対し、お墓は永遠の家と考えられ、多くの地方でお墓に対して大きな配慮が払われています。美しいペイントが施されたお墓や記念の石碑、あるいは「アルアル」と呼ばれる木彫りの柱を見るのはたいへん珍しいものです。

  • サカラヴァ族による王の遺物の水浴: 王族の遺物が、手順、慣例、服装、髪型、エチケットに至るまで厳密な決まりに従って聖域から運び出され、ツィリビヒナ川あるいは生贄にされたコブウシの血に浸されます。お祭りは一週間続き、ダンス、歌、伝統的なレスリングが行われます。