観光産業

冒険

マダガスカルとその豊かな生態系を発見する手段はさまざまで、冒険好きの方にぴったりのアクティビティがたくさん用意されています。

  • ハイキング: 国立公園では初心者や経験者向けのハイキングが可能です。ハイキングは公園内の特異な動植物を発見する最上の方法といえるでしょう。夜行性の動物を観察するにはナイト・ウォークがお薦めです。

  • 登山: 多くの絶壁や珍しい質の花崗岩があるアンジンギチャのツァラヌル山塊は、南半球でもっとも人気のある登山スポットです。もうひとつの人気スポットは北部のフランス人の山で、山頂には軍の野営地の遺構や洞窟があります。

  • 峡谷探索: アンブル山には川下りのできる峡谷があり、入門に最適です。またイサロには難度の異なる多くのスポットがあります。ほかの場所に関しては、たどり着くまでに長時間の徒歩が必要で、アクセスが難しいところがほとんどです。

  • 洞窟探索:アンカラナ山塊は現在国立公園で洞窟や地底川、峡谷が多く、もっと も有名なスポットの一つです。ツィンギ・ド・ベマラハのほうが壮観な眺めであるかもしれませんが、アンカラナの地表でも侵食によって石灰岩が削られ、ツィ ンギ(「尖った」の意味)になっています。アンジャヌブカ(マジュンガの北)では、15mのアーチ型の天井と直径2mの柱のある網の目のような地底洞窟が 2km以上にわたって広がっています。無名ですが、イビティ支脈(アンツィラベの南)にも6000万年にわたる侵食で刻まれた深い淵や穴があり、訪れる人 の期待を誘います。

  • 川下り: 鬱蒼とした森林やその地域の動植物、数多い滝や洞窟、人々の日常生活やマダガスカルのバラエティに富んだ景色を楽しむには、川に沿って移動してみるといいでしょう。もっとも有名な川は、ツィリビヒナ、マナンブル、パンガラーヌです。

    • ツィリビヒナ川:中央高地(アンツィラベ)から出発し、西部の広大な地域を見ることができます。

    • マナンブル川:カヌーでしか下れないマナンブル川は、高地を出たのち、ツィンギ・ド・ベマラハへの入り口のひとつであるベクアカを通って西部へと連れて行ってくれます。

    • パンガラーヌ水路:東海岸沿いに建設され、それぞれ歴史のある潟や湖を結ぶこの水路を下って行けば、人里離れた村々やその住民、また鬱蒼と茂る東部の森林を発見できるでしょう。