Stoner’s Anthem/MAD-DICE

Stoner’s Anthem/MAD-DICE

Stoner’s Anthem/MAD-DICE

TIME LAG E.P:

2010年以降の神奈川、藤沢エリアのリリースラッシュ期から、feat,などでのアプローチが目立ち始め、2013年には、自身初になる、MAD-DICE feat,FADDYDADDY GOONIEZ/PIRATES HUNTAH
がリリースされ、セースルも好成績。先を約束されたように見えたが..。
周りから、仲間達からの期待を背に突然いなくなってしまう。
それから姿を消したかに思われたMAD-DICEであったが、4年間のDirtyJob、3年間の服役を経て、2020年夏にミニアルバムを引っ下げて戻ってきた..。

O.S.M.F氏からのBeat提供から始まり、
NASTY ill Brother sugi、DESPERADO STUDIO、
Solution of the Riddle等々、多くの協力の下、今回のプロジェクトはスタートされた。

今作品は、京都からO.S.M.F Beatsがフルプロデュース。
feat,にDinaryDeltaForceから祀SPを迎え、scratch担当はRusty Juke。
ジャケットデザインは神奈川の某ライターが担当し、露骨な内容とこれ以上ない存在感を放っており、神奈川のHIPHOPシーンが色濃く描写されてる1枚になっている。

数々の理不尽、表裏、黒を目の当たりにし服役を経て、実弟の赤落ちを目の当たりに何を語るのか。。
2020年夏ーー、神奈川県は藤沢から、異端の問題児再始動。

#mad_dice #good_noize_entertaiment #stoners_anthem #time_lag_ep #d_muddy #dados_locos

マカオダイスカテゴリの最新記事